旧電力会社 電力自由化

電力自由化で電気の品質は大丈夫6選!停電時の復旧や災害時の対応は?

 

ハツオ
私は電気の仕事を10年以上し、資格も取得しています。(ハツオ・プロフィール)この記事では電力自由化「講座③の電気の品質」について解説します。

 

この記事で分かる内容

  • 電気の品質がどこも同じなのがわかり安心できる
  • 電力自由化により発電と送電で分かれている
  • もしもの停電時の対応がわかり安心できる

 

電力自由化で電気の品質って大丈夫?→同じ電気です

 

 

ハツオ
電力自由化によって、電力会社を自由に選べることを講座①仕組みで紹介しました。

 

あなたは電力自由化で電気の品質は大丈夫なのか心配ではないですか?

 

電気の品質は?

✔電力会社を変えたところで安心して電気を使えるのか?

✔電気のトラブルが多くなってしまうのではないか?

✔停電などの電気が使えない状況になってしまうのでは?

 

などなど、電力自由化に伴い電力会社を変えても「電気の品質」が心配されるはずです。

 

ハツオ
実はどこの電力会社と契約しても電気の品質は全く同じです。

 

電気の品質が同じ理由を、このページでは解説していきます!

 

目次にもどる↑

 

電力自由化で発電と販売のみ自由→電気の品質は同じ

 

 

電力自由化によって、自由になるのは発電と販売(小売)です。

 

主な仕組み
  • 発電所 ⇨ 電力自由化 〇
  • 送配電 ⇨ 電力自由化 ✕
  • 小売  ⇨ 電力自由化 〇

 

送電線は東京電力や関西電力が管理しているため、以前のまま安心して電気を使うことができます。

 

ハツオ
発電所と小売は、電気の品質には影響が出にくい部門です。

 

送配電は今まで通りなので「送電線でトラブルが起きてしまった。」「台風で停電してしまった。」

などは、全て以前まで旧電力会社が対応するので、安心して電気を使うことができる。

 

ハツオ
あなたが今まで旧電力会社を使って電気トラブルになっても、すぐに復旧していますよね?

 

旧電力会社には電気トラブルに関して専門家がいるので、すぐに対応してくれる強みがあります。

下は旧電力会社の連絡先です。あなたの地域をチェックしておくと良いです。

 

全国にある一般電気事業者の連絡先一覧です。なにか合った場合のために、ブックマークしておくと便利です。

 

各電力会社の連絡先一覧

 

目次にもどる↑

 

電力自由化の送配電部門→政府が許可した企業が管理

 

 

電力自由化で送電部門は東京電力エリアでは、東京電力パワーグリッドが担当しています。

 

送電部門とは?

電力のバランスを取らないと電力が不安定になり、必要とする電気を使えない場合があります。しかし 送配電部門はそういった電気の需要と供給のバランスを保つようしているので電力が安定して使えます。

 

ハツオ
普段あなたが何気に使っている電気は、送配電部門によって安定して電気を使えます。

 

送配電部門には政府が指定した企業
  • 東京電力
  • 関西電力
  • 九州電力

 

政府指定(東京電力パワーグリッド)の電力会社が担当しているので、電気が不安定になって使えない事は有りません。

また、停電が起きて電気が使えなくなっても、すぐに復旧作業に取り掛かるので安心して電気を使うことができます。

送配電部門が停電の復電にあたるので、電気トラブルに関しては以前とまったく変わりませんよ。

 

ハツオ
電気の品質は以前と変わらないと言えます。

 

災害時の復旧のタイミングは、電力会社によって変わるわけではありません。 そのため、基本的にどの会社に乗り換えても大丈夫です。 引用元:インズウェブより

 

目次にもどる↑

 

電力自由化で経済産業省に→電気の品質は同じと書かれている

 

 

電力自由化で電力会社を変えても、電気の品質は同じです。

電気の品質が同じ理由に、経済産業省のホームページに「電気の品質は同じ。」と書かれています。

下が引用した内容。

 

自分だけ停電が多くなる恐れはないのでしょうか?

 

電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)は、どの会社から電気を買っても同じです。

引用元:経済産業省より

 

以上のように経済産業省でも電気の品質は同じと書かれていますよ。

 

ハツオ
私は新電力会社を紹介するために、様々な電力会社と「契約と解約」を繰り返しています。

新電力会社の方、申し訳ありません m(_ _)m

 

新電力会社の電気をたくさん使わせてもらっていますが、どこの電力会社でも電気の品質は落ちることなく安心して電気を使っています。

 

デンミ(ハツオ妹)
「照明が暗い。」

「冷蔵庫が冷えなくなった。」

「すぐに停電してしまう。」

 

デンミ(ハツオ妹)
このような電気の品質が落ちる事はないので安心してください!(^^)!

 

目次にもどる↑

 

電力自由化には→セーフティネット機能あり

 

 

電力自由化で電気の品質が落ちない理由に、電力自由化のセーフティネット機能があります。

「それ?なんぞや?」と思われるはずです。

例えば、

あなたが電力会社を新電力会社に変えたとします。しかし、新電力会社の売上が伸びずに倒産しました。

ここで心配されることは、

 

悩む女性
「自宅の電気は使えないの?」

 

多くの方が新電力会社の倒産について心配される疑問です。しかし、セーフティネットと呼ばれる機能があります。

 

ハツオ
新電力会社が倒産や廃業した場合でも大丈夫なように

 

一般送配電が最終的に電気の供給を行うので、電気が使えないということはありません。

これは法律で決まっていますよ。

 

メモ

一般送配電事業者とは東京電力や関西電力のことを言う

 

電力自由化後にはセーフティネット機能があるので、新電力会社の倒産などの心配もないと言えます。

下にセーフティネットについて書かれていますので、参考にしてください。

 

経済・社会生活にとって欠かせない電気を確実に供給できるようにするため、また利用者が不当に高い料金で供給されることがないように保護措置が規定されています。

・最終保障サービス
小売事業者の撤退などでどの小売事業者とも供給契約を結べない利用者に対し、一般送配電事業者が最終的に必ず供給を行う。

引用元:HP関西電力より

 

以上のように最終的に関西電力などの一般送配電事業者が電気の供給を行うので、電気が使えないことはありません。

 

目次にもどる↑

 

電力自由化での電気を安全に使っている口コミ

 

 

新電力会社ではないのですが、東京電力パワーグリッドなどの送電部門が停電を復旧させている口コミです。

 

 

 

 

 

 

以上のようにあなたが電力自由化によって電力会社を変えたとしても、送電部門の一般送配電事業者が停電などのトラブル対応にあたります。

だから、なにかあっても安心なんですね。

あなたも新電力で「電気の品質って同じなんだ!」と感じたら、下の電力会社で無料シュミレーションだけでもお試しください。

 

電気代が安くなりやすいだけでなく、その他のサービスも充実!

当サイトでオススメの新電力会社ですw

 

 

目次にもどる↑

 

まとめ

 

 

この記事では

電力自由化で新電力会社に変え、電気の質はどうなのか紹介しました。

どこの電力会社であっても、電気の品質は変わらず同じように電気を使えます。

また、新電力会社に変えることで電気代も安くなりやすいんです。

あなたも電力自由化で電気代が節約できないか、無料シュミレーションだけでもしておくと良いです。

 

ハツオ
以上で講座③の記事は終わりました。お読みいただきありがとうございました。

 

次の電力自由化の記事は「講座④電力自由化メリットとデメリット」になっています。

ご興味があればチェックしてくださいね。

 

講座④コチラ

 

電力自由化:講座

・電力自由化の仕組みとは?→→講座①はここをクリック

・電力自由化はなぜ安いの?→→講座②はここをクリック

・電力自由化の電気の品質は?→→講座③はここをクリック

・電力自由化のメリットとデメリットは?→→講座④はここをクリック

・電力自由化は賃貸で契約可能?→→講座⑤はここをクリック

>>>電力自由化ランキング!お得な新電力会社を紹介!

 

 

目次にもどる↑

 

 

-旧電力会社, 電力自由化

© 2021 お電気ニュース☆彡 Powered by AFFINGER5