looopでんき(ループでんき) リミックスでんき 新電力会社一覧

【基本料金0円】Looopでんきアンペア料金と変更7選!専門家が解説しある事がわかった!

 

looopでんきのポイント

ループでんきは価格・サービス・電気供給の1位を獲得しています。

自然エネルギーで電気を供給し地球環境に優しい電力会社です。

解約しても違約金は無く、気楽に申込みできます。

>>>looopでんきの申込みはこちらから!

 

ハツオ
私は電気の仕事を10年以上し、資格も取得しています。(ハツオ・プロフィール)じつは私はLooopでんきに申し込みし、Looopでんきのアンペアにはちょっと詳しいです!

 

このページを読むメリット

  • Looopでんきのアンペア料金がわかり納得できる。
  • Looopでんきより安い電力会社までわかり、電気代の節約になる。
  • アンペア注意点がわかり、前もって知っておくことができる。

 

あなたがLooopでんきと契約するなら、アンペアについて疑問が多いはずです。

この先をお読みになると、Looopでんきのアンペアについて把握できる内容になっています。

アンペアってわりと奥が深ったりしますw

あなたがアンペアについて知ると、Looopでんきのお得感が増しますので、最後までお読みください。

 

Looopでんきのアンペア料金はゼロ円→全国エリアで無料です。

 

 

あなたがLooopでんきと契約するなら、「基本料金(契約アンペア)はいくらなの?」と疑問だと思います。

Looopでんきは基本料金が0円なのでアンペア料金は一切かかりません。

大手電力会社には基本料金があるので、ループでんきと契約するとアンペア料金がなく電気代に大きな変化がありそうですね。

ここからはアンペア料金のある電力会社の基本料金を紹介しますね。

下はアンペアの説明になります。

東京電力の場合、契約アンペアには「10・15・20・30・40・50・60A」という7種類があり、契約者が自由に選択できます。

 

どのアンペアを選ぶかによって、電気料金の基本料金も変わってきます。

 

引用元:Niftyでんき公式サイトより

 

北海道電力のアンペア料金

 

  • 基本料金
  • 10A 341.00円
  • 15A 511.50円
  • 20A 682.00円
  • 30A 1023.00円
  • 40A 1,364.00円
  • 50A 1,705.00円
  • 60A 2046.00円

引用元:北海道電力公式サイトより

 

東北電力のアンペア料金

 

  • 基本料金
  • 10A 330.00円
  • 15A 495.00円
  • 20A 660.00円
  • 30A 990.00円
  • 40A 1,320.00円
  • 50A 1,650.00円
  • 60A 1,980.00円

引用元:東北電力公式サイトより

 

北陸電力のアンペア料金

 

  • 基本料金
  • 10A 242.00円
  • 15A 363.00円
  • 20A 484.00円
  • 30A 726.00円
  • 40A 968.00円
  • 50A 1,210.00円
  • 60A 1,452.00円

引用元:北陸電力公式サイトより

 

東京電力のアンペア料金

 

  • 基本料金
  • 10A 286.00円
  • 15A 429.00円
  • 20A 572.00円
  • 30A 858.00円
  • 40A 1,144.00円
  • 50A 1,430.00円
  • 60A 1,716.00円

引用元:東京電力公式サイトより

 

中部電力のアンペア料金

 

  • 基本料金
  • 10A 286.00円
  • 15A 429.00円
  • 20A 572.00円
  • 30A 858.00円
  • 40A 1,144.00円
  • 50A 1,430.00円
  • 60A 1,716.00円

引用元:中部電力公式サイトより

 

九州電力のアンペア料金

 

  • 基本料金
  • 10A 297.00円
  • 15A 445.50円
  • 20A 594.00円
  • 30A 891.00円
  • 40A 1,188.00円
  • 50A 1,485.00円
  • 60A 1,782.00円

引用元:九州電力公式サイトより

 

以上の電力会社に該当するなら、ループでんきのアンペア料金(基本料金)はタダです!

もう一度言いますが、

 

基本料金0円ですw

 

とくに基本料金が上がっていくほど、電気代の節約に期待が持てますよ。

下はTwitterからでLooopでんきは基本料金が0円なので、電気代が70円と驚きの報告がありました。

 

 

あなたがLooopでんきに申込みするか迷っているなら、申込みしないと大損しちゃいますね!

 

ハツオ
下のループでんき公式サイトで解約金もなく、申し込みできます!

 

\WEBでかんたん申込み!/

looopでんき公式サイト

※基本料金、解約金、手数料すべて0円。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんき以外でアンペア料金が無料の電力会社→お得な電力会社を紹介!

 

 

じつはLooopでんきの基本料金(アンペア料金)は無料です。

しかし、電力自由化に伴い、Looopでんきと同じように参入した電力会社もあります。

👇電力自由化がわからない方は下をチェック。

+ 電力自由化はクリック!

電力自由化による変化 2016年 4 月の電力の小売全面自由化により、これまでの「一般電気事業者(大手電力会社10社)」や 「特定規模電気事業者(PPS: Power Producer and Supplierや新電力とも呼ばれる)」の区別はなくな り、垂直一貫体制を前提としない事業類型を基本する制度に転換した。

これらの流れを受けて、一般家庭においては、電 気事業者を変更する「電力契約のスイッチング」と いう行動が見られており、2017年12月末時点では約 611万件(全世帯の約10%)が電力契約の切り替えを 申し込んでいる(同上)

引用元:京都女子大学のエネルギー消費と温室効果ガス排出量分析から

 

参入した電力会社の中でLooopでんきと同じように、基本料金(アンペア料金)が無料の電力会社もありますよ。

下が基本料金が0円の電力会社です。

 

アンペア料金が無料!

  • Looopでんき
  • リミックスでんき
  • 0円でんき

 

では、基本料金が0円の電力会社の中で、Looopでんきは電気代を節約できるのでしょうか。

公式サイトでそれぞれシュミレーションしてみました。

内容は旧電力会社(東京電力、関西電力など)から乗り換えて、どれくらい電気代が節約できるかです。

 

★シュミレーション内容★

  • 契約アンペア/電力使用量:30A/150kWh・40A/300kWh・50A/450kWh
  • 従量電灯B、(関西、中国、四国は従量電灯A。沖縄は従量電灯)
  • 5月でシュミレーション
  • 1ヶ月間でシュミレーション
  • 年間で安くなる電気代(黄色のライン)

※シュミレーションは目安とお考えください。

 

デンミ(ハツオ妹)
あなたの自宅の電気使用量に近いところを見てくださいね♪

 

従量電灯B(アンペア数)looopでんきリミックスでんき(使い得プラン)0円でんき
北海道エリア

150kwh→4,876円

300kwh→14,404円

450kwh→28,283円

※使い得プランなし

※供給エリア外

東北エリア

150kwh→✖

300kwh→4,495円

450kwh→14,748円

150kwh→44円

300kwh→5,528円

450kwh→16,182円

※供給エリア外

東京エリア

150kwh→964円

300kwh→7,736円

450kwh→20,281円

150kwh→1,204円

300kwh→8,993円

450kwh→22,050円

150kwh→1,116円

300kwh→4,872円

450kwh→15,984円

中部エリア

150kwh→1,912円

300kwh→5,680円

450kwh→13,612円

150kwh→2,064円

300kwh→6,549円

450kwh→14,833円

150kwh→2,436円

300kwh→4,440円

450kwh→11,772円

北陸エリア

150kwh→4,050円

300kwh→9,216円

450kwh→16,798円

※使い得プランなし

150kwh→4,056円

300kwh→7,920円

450kwh→14,856円

関西エリア

150kwh→✖

300kwh→9,450円

450kwh→23,217円

150kwh→418円

300kwh→11,047円

450kwh→25,542円

150kwh→✖

300kwh→4,920円

450kwh→16,452円

中国エリア

150kwh→✖

300kwh→5,620円

450kwh→16,895円

150kwh→✖

300kwh→7,004円

450kwh→18,924円

150kwh→✖

300kwh→1,968円

450kwh→11,448円

四国エリア

150kwh→✖

300kwh→5,620円

450kwh→16,895円

150kwh→✖

300kwh→8,329円

450kwh→22,361円

150kwh→✖

300kwh→2,388円

450kwh→13,560円

九州エリア

150kwh→1,884円

300kwh→7,026円

450kwh→16,403円

150kwh→2,083円

300kwh→8,000円

450kwh→17,779円

150kwh→2,196

300kwh→5,328円

450kwh→13,860円

沖縄エリア

150kwh→✖

300kwh→2,141円

450kwh→9,722円

※使い得プランなし

※供給エリア外

 

参考元:Looopでんき・HPシュミレーションより

参考元:リミックスでんき・HPシュミレーションより

参考元:0円でんき・HPシュミレーションより

 

Looopでんき、リミックスでんき、0円でんきを比較すると以下の「北海道、北陸、沖縄エリア」ではループでんきが節約しやすいです。

 

ループでんき節約

  • 北海道エリア
  • 北陸エリア
  • 沖縄エリア

 

北海道エリアにお住まいで450kwhなら、約28,000円も電気代の節約になる可能性が高いです。

また、北陸エリアでは450kwhの電気使用量で、約16,000円も節約になることもわかりました。

あなたがループでんきで節約できるなら、下からシュミレーションしてみると良いですね。(契約内容がわかる検針票を準備。)

 

シュミレーション!

👇【公式サイト】

>>>Looopでんきをチェックする!

※途中解約しても解約金は発生しません。

 

つぎに以下のエリアではリミックスでんきが、電気代を節約しやすいことがわかりました。

 

リミックスでんき節約

  • 東北エリア
  • 東京エリア
  • 中部エリア
  • 関西エリア
  • 中国エリア
  • 四国エリア
  • 九州エリア

 

以上のエリアではリミックスでんきの電気代を節約しやすく、

東京エリアと四国エリアは450kwhなら22,000円の節約。

関西エリアでは450kwhなら25,000円の節約と、大きく電気代がお得になりやすくなっています。

あなたが基本料金0円のリミックスでんきが気になるなら、下からシュミレーションすることが可能です。

 

シュミレーション!

👇【公式サイト】

>>>今すぐリミックスでんきをチェック!

※途中解約しても解約金は発生しません。

 

ハツオ
私が実際にリミックスでんきに申込みした体験記事は、下からチェックできます。

 

関連記事
【※電気代公開】リミックスでんきの評判・デメリット・料金表プラン・実際に申込み15選!

  リミックスでんきの特徴☆彡 リミックスでんきは一般家庭に330,000件分の電力をサービスしています! 仮想通貨プランは電気代を払うと仮想通貨5%で還元される。 契約後はいつ解約しても解 ...

続きを見る

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきの契約できる対象エリアは?

 

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

参考元:ループでんき公式サイト

 

以上のエリアとループでんきは契約できます。

ループでんきは全国エリアで契約できるので、あなたがアンペア料金を節約したいならオススメな電力会社と言えますね。

しかし、

 

ハツオ
離島は契約できないので、ご注意ください。

 

全国エリアで契約できると伝えましたが、契約できないエリア(離島)もあるのでご注意くださいね。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきはアンペア変更できるの?→できません。

 

 

ループでんきと契約しアンペアは変更できるのでしょうか?

 

Looopでんきはアンペア変更できません。

 

もしも、変更するなら、旧電力会社に連絡して変更する必要がありますよ。

 

ハツオ
ほとんどのスマートメーターにはアンペアを変更する機能が付いています。

 

スマートメーターによってはアンペア変更できないタイプあります。

 

スマートメーターの場合、遠隔でアンペアの変更設定ができるため、電話1本でOK。面倒な手続き、工事は不要です。

 

引用元:新電力おおいた公式サイトより

 

目次にもどる↑

 

ループでんきが選ばれる3つの理由

 

ループでんきが選ばれる3つのメリットを紹介していきますね。

 

ループでんきは安心感がある。

 

ループでんきに乗り換えたメリットは、安心して電気を使えることです。

ループでんきは価格、サービス、電気供給の実績で1位を取っている。

電力会社で大切なことは、安心して電気を使えることです!

 

マイページ画面が見やすい。

 

 

ループでんきを使ったメリット2つ目は、マイページ画面が使いやすい。

マイページ画面が使いやすいので、ちょくちょくマイページ画面を見てしまいますw

電気使用量や電力料金も気楽に見れるので、電気を使い過ぎていないか節約になります。

 

契約後に解約しても解約金が0円。

 

ループでんきは解約しても、違約金がない電力会社です。

そのため、気楽に申込みできる電力会社だと感じました。

もしも、ループでんきがイマイチだと感じたら、すぐにほかの電力会社に乗り換えることもできます。

 

ループでんき3つのメリット

  • ループでんきは安心感がある。
  • マイページ画面が見やすい。
  • 契約後に解約しても解約金が0円。

 

 

ループでんきの基本情報

 

 

ループでんきの基本情報

  • 会社名:株式会社Looop
  • 契約プラン:個人プラン、高圧プラン、ソーラープランなど
  • 基本料金:0円
  • 電気量料金:エリア別に均一(東京電力エリア26.4円)
  • 違約金:無料
  • 支払い方法:クレジットカード決済
  • 契約方法:ネット申込み(looop-denki.com

 

ハツオ
下は私が申し込みしたループでんき公式サイトです。無料シュミレーションもあるので気軽にご利用くださいね!

 

シュミレーション!

👇【公式サイト】

>>>Looopでんきをチェックする!

※途中解約しても解約金は発生しません。

 

電力のアンペアってなに?

 

 

ハツオ
アンペアとは1秒間に流れる電気の量のことをいいます。

 

普段使っている家電ごとにアンペア数が違うので、契約アンペアを選ぶ際には同時に使うアンペア数の最大値はどれくらいかを目安にしましょう。

では、家電のアンペア数はどれくらいなのかみてみましょう。

 

  • インバータエアコン(冷房時おもに10畳用平均)<立ち上がり時など>
  • 冷房5.8A<14A>暖房6.6A<20A>
  • 冷蔵庫(450Lクラス) 2.5A
  • 電気カーペット(3畳用) 1/2面 4A全 面 8A
  • 電子レンジ(30Lクラス) 15A
  • テレビ 液晶42型 2.1A プラズマ42型 4.9A
  • IHジャー炊飯器(5.5合・炊飯時)13A
  • 掃除機 弱 2A強 10A
  • IHクッキングヒーター(200V)20A~30A(最大使用時58A)
  • アイロン 14A
  • 食器洗い乾燥機(100V卓上タイプ) 13A
  • ヘアードライヤー 12A
  • ドラム式洗濯乾燥機(洗濯・脱水容量9kg) 洗濯時 2A 乾燥時 13A

引用元 :東京電力エナジーパートナー

 

例えば、あなたの自宅が30アンペアで電力会社と契約しています。

そこに上の家電の合計30アンペア以上を使ったとする。

 

ハツオ
すると、自宅にあるブレーカーが落ちて家の電気が使えなくなります。

 

30アンペアで電力会社と契約しているなら、30アンペア以上の電気を使ってしまうと、電気は熱をもちはじめ、電気トラブルの原因になる。

電気トラブルを未然に防ぐために、電気を切ってしまうのが一番ですよね。

そこでブレーカーが30アンペア以上になると、安全のためにブレーカーが切れてしまうんですね。

 

要約過電流遮断のために, サーキットブレーカが用いられている. サーキットブレーカは, 回路が短絡故障した場合に, 火災や感電事故を防ぐために, 回路を開いて過電流が流れることを防ぐ装置である。 引用先:東海学院大学紀要より

 

関連記事
【デメリット!】Looopでんきを申込みした評判から21の事実を専門家が解説!すげー口コミありw

  looopでんきのポイント ループでんきは価格・サービス・電気供給の1位を取り、自然エネルギーで電気を供給し地球環境に優しい電力会社です。 解約しても違約金は無く、気楽に申込みできます。 ...

続きを見る

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきの基本料金の注意点

 

 

Looopでんきはほとんどのプランが基本料金0円です。

しかし、マンションの共用部や飲食店などの業務向けの「動力プラン」は基本料金と従量料金からなるプランとなっているので注意してください。

基本料金は0円ではないという事です。(710円~)

ループでんきにはビジネスプランや動力プランがあります。

 

Looopでんきのアンペアブレーカー賃貸でも撤去は?

 

あなたがループでんきに申し込みするとして、スマートメーターを設置する際、アンペアブレーカーを撤去するなら、どうしたらいいか疑問ではありませんか?

基本的にアンペアブレーカーは会社の持ち物のため、大家さんに許可を取る必要はなく、変更は可能です。

もしも、心配なら大家さんに一声かけておくと安心できます。

 

Looopでんきの料金や契約は?

 

Looopでんきの料金プランや契約については、私が実際に申込みした体験記事あります。

内容は申込みしている画像、マイページでの電気使用量など、他にはない情報が満載です!

ご興味があればお読みください。

 

関連記事
【デメリット!】Looopでんきを申込みした評判から21の事実を専門家が解説!すげー口コミありw

  looopでんきのポイント ループでんきは価格・サービス・電気供給の1位を取り、自然エネルギーで電気を供給し地球環境に優しい電力会社です。 解約しても違約金は無く、気楽に申込みできます。 ...

続きを見る

 

目次にもどる↑

 

まとめ

 

 

Looopでんきのアンペアについて解説しました。

 

ポイント

  • Looopでんきはアンペア料金がなく、基本料金が0円
  • Looopでんきはアンペア制ではないのでアンペアを変更する必要がない
  • Looopでんきの動力プランだけは基本料金があるので注意

 

Looopでんきの基本料金が0円というのはとても魅力的ですよね。

電気を使った分だけ電気料金を払えばいいというのも、シンプルで分かりやすいです。

「電気代を少しでも安くしたい。」

「安心できる電力会社と契約したい!」

以上の方にLooopでんきはピッタリですよ。

 

ハツオ
下の公式サイトから、Looopでんきに申込みできます。もちろん、契約して解約しても解約金は一切かかりませんよ。

 

Looopでんき★

👇【公式サイト】

>>>Looopでんきをチェックする!

※途中解約しても解約金は発生しません。

 

リミックスでんき★

👇【公式サイト】

>>>今すぐリミックスでんきをチェック!

※途中解約しても解約金は発生しません。

 

目次にもどる↑

 

 

-looopでんき(ループでんき), リミックスでんき, 新電力会社一覧

© 2021 お電気ニュース☆彡 Powered by AFFINGER5