looopでんき(ループでんき) エルピオでんき 新電力会社一覧

【注目対決!】Looopでんきとエルピオでんきを比較11選!電気代が安いのどっち?

 

looopとエルピオの特徴

Looopでんきは価格・サービス・電気供給の1位を獲得しています。

解約しても違約金は無く、気楽に申込みできます。

>>>looopでんきの申込みはこちらから!

エルピオでんきはLPガスを50年に渡って販売し格安な電力会社。

電気とガスをセットで申し込みすると、さらに格安で申し込みできます。

>>>エルピオでんきの申込みはこちらから!

 

ハツオ
わたしは電気の仕事を10年以上し、資格も取得しています。(ハツオ・プロフィール)

私はエルピオでんきとLooopでんきと契約していたので、どこよりも両者を比較した記事を紹介できます。

 

この記事を読むメリット

  • 実際に申し込みした画像などからリアルに比較できる。
  • どちらの電力会社がおすすめかも紹介。
  • 電気代を公開しているので、料金の目安になる。

 

この記事ではLooopでんきとエルピオでんきの料金やプランを比較して、どのような違いがあるのかを解説。

Looopでんきとエルピオでんきのどちらに申し込めばいいか迷っているなら、絶対参考になるページになっています。

わたしのマイページ画面を公開するので、さらによくわかる内容です。

ぜひ、最後までお読みください。

 

 

Looopでんきとエルピオでんきを比較したら?

 

 

Looopでんきとエルピオでんきは電力自由化で参入し、一気に人気の電力会社になりました。

👇電力自由化がわからない方は下をチェック。

+ 電力自由化はクリック!

電力自由化による変化 2016年 4 月の電力の小売全面自由化により、これまでの「一般電気事業者(大手電力会社10社)」や 「特定規模電気事業者(PPS: Power Producer and Supplierや新電力とも呼ばれる)」の区別はなくな り、垂直一貫体制を前提としない事業類型を基本する制度に転換した。

これらの流れを受けて、一般家庭においては、電 気事業者を変更する「電力契約のスイッチング」と いう行動が見られており、2017年12月末時点では約 611万件(全世帯の約10%)が電力契約の切り替えを 申し込んでいる(同上)

引用元:京都女子大学のエネルギー消費と温室効果ガス排出量分析から

 

そんなLooopでんきとエルピオでんきですが、あなたは

 

「どっちが良い電力会社なんだろう~~~。」

 

と思っていませんか?

実は私は「Looopでんきとエルピオでんき」の両方の電力会社に申込みしていたので、くわしく解説できます。

 

👇は申込みした画像です。

 

 

 

ハツオ
まずはループでんきから解説しますw

 

Looopでんきはどんな電力会社なの?

 

Looopでんきは東日本大地震をきっかけに設立された電力会社です。

自然エネルギーを消費者にサービスしている電力会社で、地球環境に優しい電力会社とも言えます。

Looopでんきの料金プランは基本料金0円。

従量料金が各でエリア一律と、シンプルな料金体系が最大の特徴です。

 

👇ループでんきの会社情報。

  • 会社名:株式会社Looop(ループ) Looop Inc
  • 設立日:2011年4月4日
  • 代表者:代表取締役社長 中村創一郎
  • 資本金:2,251百万円(資本準備金 1,930百万円)※2018年9月末現在
  • 売上高:54,031百万円 ※2019年3月期連結
  • 事業内容:太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理 電力の買取
  • 本社:〒110-0005 東京都台東区上野三丁目24番6号 上野フロンティアタワー15階・22階
  • 引用元:looopでんき公式サイト

 

looopでんき

↓↓↓looopでんきの公式サイト

今すぐループでんきをチェックする!

 

Looopでんきの基本情報

 

Looopでんきの電力会社としての、基本情報もチェックしておきましょう。

 

ハツオ
支払い方法や解約金はとくに大切ですよ。

 

ループでんきの基本情報

  • 会社名:株式会社Looop
  • 契約プラン:個人プラン、高圧プラン、ソーラープランなど
  • 基本料金:0円
  • 電気量料金:エリア別に均一(東京電力エリア26.4円)
  • 違約金:無料
  • 支払い方法:クレジットカード決済
  • 契約方法:ネット申込み(looop-denki.com

 

ループでんきでは違約金がないので、お試し感覚で申込みできそうですねw

 

実際にループでんきに申込みした記事もあるので、良かったらお読みくださいね。

評判や電気代など実際に契約しないとわからない情報を大公開していますw

 

関連記事
【デメリット!】Looopでんきを申込みした評判から21の事実を専門家が解説!すげー口コミありw

  looopでんきのポイント ループでんきは価格・サービス・電気供給の1位を取り、自然エネルギーで電気を供給し地球環境に優しい電力会社です。 解約しても違約金は無く、気楽に申込みできます。 ...

続きを見る

 

目次にもどる↑

 

エルピオでんきはどんな電力会社なの?

 

 

エルピオでんきは50年以上ガスの供給を行ってきたエルピオが手掛け、約75,000世帯に電気を供給していますw

広告費などを利用しないことでコストを削減し、消費者の電気代に還元しています。

エルピオでんきはガス会社なので、ガスとのセット割が人気でおトクです。

 

👇はエルピオでんきの会社情報。

  • 会社名 株式会社エルピオ
  • 業務内容 LPガスの供給および各種ガス機器の販売、電力小売事業
  • 設立 1965年4月
  • 代表者 代表取締役社長 牛尾健
  • 本社所在地 "〒272-0832
  • 千葉県市川市曽谷1-30-18 MAP"
  • 電話番号 0120-23-5556(お客様お問い合わせ先)
  • FAX番号 047-371-3313
  • 資本金 9,850万円(グループ合計 1億2,850万円)

引用元:エルピオでんき公式サイトより

 

エルピオでんきは1965年に設立された歴史ある電力会社ですね。(ガス事業も展開。)

また、資源エネルギー庁にも新電力会社では、様々なサービスを受けられると書かれている。

 

+ 新電力会社には様々なサービスあり。

電気の小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、様々な料金メニュー・サービスが登場することが期待されます。 例えば、電気とガス、電気と携帯電話などの組み合わせによるセット割引や、ポイントサービス、さらには家庭の省エネ診断サービスなどが登場しています。 引用元:資源エネルギー庁より  

 

looopでんき

↓↓↓エルピオでんきの公式サイト

今すぐエルピオでんきをチェックする!

 

エルピオでんきの基本情報

 

エルピオでんきの電力会社としての、基本情報もチェックしておきましょう。

 

ハツオ
支払い方法や解約金はとくに見ておいてくださいね!

 

エルピオでんき基本情報

  • 会社名:株式会社エルピオ
  • 契約プラン:個人プラン、ガスとセットプランあり
  • 電気代の目安:5人家族1年間に約17,000円節約。3人家族で約7,000円節約
  • 解約金:発生しない
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替
  • 申込み:ネット申込み
  • 公式サイト:https://lpio.jp/

 

エルピオでんきの基本情報をチェックすると、解約金がないのが嬉しいですw

 

実際にエルピオでんきに申込みした記事はお読みになりましたか?

評判や電気代など実際に契約しないとわからない情報を紹介していますよw

👇からチェックできますw

関連記事
【リアル料金】エルピオでんきに申込みした評判・デメリット20選!電気代は安いのか解説!

  エルピオでんきポイント エルピオでんきは50年に渡ってLPガスを販売し7万世帯と契約しています。 電気とガスのセット割で申し込みするとお得です。 今ならキャッシュバック、キャンペーン中で ...

続きを見る

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきの料金比較→全国エリアで比較!

 

あなたはループでんきとエルピオでんきで、

 

「どっちの電力会社の電気代が安いの?」

 

と思われていませんか。

ループでんきとエルピオでんきの料金はエリアや電気使用量によって、どちらが安いか変わってきます。

そこで両社の電力会社を電気使用量ごとに、シュミレーションしてみました。

 

👇下がシュミレーションした内容。

★シュミレーション内容★

  • 契約アンペア/電力使用量:30A/150kWh・40A/300kWh・50A/450kWh
  • 従量電灯B、(関西、中国、四国は従量電灯A。沖縄は従量電灯)
  • 5月でシュミレーション
  • 1ヶ月間でシュミレーション
  • 年間で安くなる電気代(黄色のライン)

※シュミレーションは目安とお考えください。

 

デンミ(ハツオ妹)
あなたの自宅の電気使用量に近いところを見てくださいね♪

 

 looopでんきエルピオでんき
北海道エリア
  • 150kwh→4,876円
  • 300kwh→14,404円
  • 450kwh→28,283円
※電力の供給なし
東北エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→4,495円
  • 450kwh→14,748円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→4,741円
  • 450kwh→17,893円
東京エリア
  • 150kwh→964円
  • 300kwh→7,736円
  • 450kwh→20,281円
  • 150kwh→306円
  • 300kwh→12,062円
  • 450kwh→22,232円
中部エリア
  • 150kwh→1,912円
  • 300kwh→5,680円
  • 450kwh→13,612円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→5,316円
  • 450kwh→15,852円
北陸エリア
  • 150kwh→4,050円
  • 300kwh→9,216円
  • 450kwh→16,798円
  • 150kwh→3,994円
  • 300kwh→8,657円
  • 450kwh→15,938円
関西エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→9,450円
  • 450kwh→23,217円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→8,596円
  • 450kwh→21,923円
中国エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→5,620円
  • 450kwh→16,895円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→7,616円
  • 450kwh→19,877円
四国エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→5,620円
  • 450kwh→16,895円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→4,784円
  • 450kwh→18,229円
九州エリア
  • 150kwh→1,884円
  • 300kwh→7,026円
  • 450kwh→16,403円
  • 150kwh→2,938円
  • 300kwh→8,346円
  • 450kwh→18,356円
沖縄エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→2,141円
  • 450kwh→9,722円

※電力の供給なし

 

まず、ループでんきとエルピオでんきをシュミレーションしてわかった事。

それはエリアや電気使用量でどちらが安いのか、バラバラである事です。(;^_^A

上の表を参考にあなたはどちらの電力会社が安いのか、チェックしてほしいです。

 

注意

✖は旧電力会社の方が安い

 

もしも、上の表で✖が付き電気代を節約できないなら、下の電力会社をチェックしてください。

私も以前まで契約していましたが、電気代の節約に期待が持てますよ!

下の電力会社で電気代が安くならないなら、他に安くなる電力会社を見つけるのは難しいですよ。

 

ハツオ
当サイトで一押しの電力会社ですw

 

関連記事
【超必読!】シンエナジー評判・デメリット・料金表プラン18選!実際に申込みしたw

  シンエナジー特徴☆彡 シンエナジーは自然エネルギーを提供し年間の売り上げは336.3億円です!(全事業、2020年。) 生活スタイルに合わせたプランを選べ、1人暮らしや大家族まで電気代を ...

続きを見る

 

関連記事
【※電気代公開】リミックスでんきの評判・デメリット・料金表プラン・実際に申込み15選!

  リミックスでんきの特徴☆彡 リミックスでんきは一般家庭に330,000件分の電力をサービスしています! 仮想通貨プランは電気代を払うと仮想通貨5%で還元される。 契約後はいつ解約しても解 ...

続きを見る

 

ループでんきがエルピオでんきより安いエリア

 

ループでんきが節約しやすい👇

  • 北海道エリア
  • 北陸エリア
  • 関西エリア
  • 沖縄エリア

 

以上のエリアにあなたが該当するなら、ループでんきと契約して電気代を節約しやすいですよ。

 

 looopでんきエルピオでんき
北海道エリア
  • 150kwh→4,876円
  • 300kwh→14,404円
  • 450kwh→28,283円
※電力の供給なし
北陸エリア
  • 150kwh→4,050円
  • 300kwh→9,216円
  • 450kwh→16,798円
  • 150kwh→3,994円
  • 300kwh→8,657円
  • 450kwh→15,938円
関西エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→9,450円
  • 450kwh→23,217円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→8,596円
  • 450kwh→21,923円
沖縄エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→2,141円
  • 450kwh→9,722円

※電力の供給なし

 

とくに北海道エリアで450kwhで3万円近くまで節約でき、関西エリアでも2万円を超えて節約しやすくなっていますね。

以上の方はループでんきでシュミレーションを取り、さらに正確な電力使用量を入力してシュミレーションしてくださいね。

電気代がどれだけ節約できるか確認してくださいね!

 

looopでんき

↓↓↓looopでんきの公式サイト

今すぐループでんきをチェックする!

 

ループでんきよりエルピオでんきが節約しやすいエリア

 

逆にループでんきよりエルピオでんきが節約しやすいエリアもありました。

 

それは、、、

 

エルピオでんきが節約しやすい👇

  • 東北エリア
  • 東京エリア(150kwhはループでんきが安くなりやすい。)
  • 中国エリア
  • 九州エリア

 

 looopでんきエルピオでんき
東北エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→4,495円
  • 450kwh→14,748円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→4,741円
  • 450kwh→17,893円
東京エリア
  • 150kwh→964円
  • 300kwh→7,736円
  • 450kwh→20,281円
  • 150kwh→306円
  • 300kwh→12,062円
  • 450kwh→22,232円
中国エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→5,620円
  • 450kwh→16,895円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→7,616円
  • 450kwh→19,877円
九州エリア
  • 150kwh→1,884円
  • 300kwh→7,026円
  • 450kwh→16,403円
  • 150kwh→2,938円
  • 300kwh→8,346円
  • 450kwh→18,356円

 

中国エリア、九州エリアの450kwhでは、年間に約20,000円近くまで節約しやすいのがわかりました。

また、東京エリア450kwhなら、約22,000円まで節約できることがわかり、300kwhの電気代は約12,000円まで節約でき、とくにねらい目の電気使用量となっていました。

 

参考

東京エリア120kwhまではループでんきがお得。

 

あなたが節約できるエリアにお住まいなら、すぐにエルピオでんきでシュミレーションしてくださいね。

どれくらい電気代が安くなるか、くわしくチェックできますよ。

 

looopでんき

↓↓↓エルピオでんきの公式サイト

今すぐエルピオでんきをチェックする!

 

中部エリアと四国エリアは電気使用量で変わる

 

中部エリアと四国エリアは電気使用量で、ループでんきとエルピオでんきの電気代に違いがあります。

 

 looopでんきエルピオでんき
中部エリア
  • 150kwh→1,912円
  • 300kwh→5,680円
  • 450kwh→13,612円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→5,316円
  • 450kwh→15,852円
四国エリア
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→5,620円
  • 450kwh→16,895円
  • 150kwh→✖
  • 300kwh→4,784円
  • 450kwh→18,229円

 

中部電力エリアでは300kwhまでは、ループでんきで電気代が節約しやすく、450kwhからエルピオでんきがお得になります。

 

四国エリアでは、150kwhでは両社の電力会社では節約できません。

しかし、300kwhならループでんきで電気代が節約しやすく、450kwhならエルピオでんきがお得です。

「なんだかややこしいよ~。」と声が聞こえてきそうです。(;^_^A

そこで、中部エリアと四国エリアの方はとくに注意してほしいです。

確実に安い電力会社を選ぶなら、ループでんきとエルピオでんきで無料シュミレーションしてくださいね。

 

ハツオ
下に両社の公式サイトを貼っておきますねw

 

 

looopでんきとエルピオでんきの料金プランを比較

 

 

今では、ループでんきとエルピオでんきで電気代を比較しました。

では、電気料金はどうなっているのでしょうか。

 

ハツオ
まずLooopでんきの料金から見ていきましょう。

 

Looopでんきは基本料金が0円で従量料金がエリアごとに一律となっています。

下はLooopでんきのエリアごとの従量料金。

 

    • 北海道電力 29.5円(税込) / kWh

    • 東北電力 26.4円(税込) / kWh

    • 東京電力 26.4円(税込) / kWh

    • 中部電力 26.4円(税込) / kWh

    • 北陸電力 21.3円(税込) / kWh

    • 関西電力 22.4円(税込) / kWh

    • 中国電力 24.4円(税込) / kWh

    • 四国電力 24.4円(税込) / kWh

    • 九州電力 23.4円(税込) / kWh

    • 沖縄電力 27.0円(税込) / kWh

    引用元:ループでんき公式サイト

 

ハツオ
Looopでんきは基本料金0円の、従量料金はエリアによって均一になっています。

 

エルピオでんきの料金プランは?

 

ハツオ
次にエルピオでんきです。

 

エルピオでんきには様々なプランがあり、エリアによってプランの数や内容も違いがあります。

ここではLooopでんきとの比較をするため一般家庭向けの「スタンダードプランS」「使った分だけ Sプラン」の料金を見てみましょう。

 

基本料金東北電力エリア「スタンダードプランS」東京電力エリア「スタンダードプランS」中部電力エリア「スタンダードプランS」
30A743.52円858.0円743.52円
40A937.04円1,086.8円937.04円
50A1,171.29円1,344.2円1,171.29円
60A1,497.22円1,613.04円1,497.22円
従量料金一律23.42円/kWh
  • 120kWhまで     30A 21.14円(税込) / kWh     40~50A 18.84円(税込) /kWh          60A 18.65円(税込) / kWh
  • 121kWhから300kWhまで   23.03円(税込) / kWh         
  • 301kWh以上 25.78円/ kWh

 

一律 23.62円 / kWh

 

 北陸電力エリア「使った分だけSプラン」関西電力エリア「使った分だけSプラン」中国電力エリア「使った分だけSプラン」
基本料金0円0円0円
従量料金一律 21.3円 / kWh一律 22.2円 / kWh一律 23.58円 / kWh

 

 四国電力エリア「使った分だけSプラン」九州電力エリア「使った分だけSプラン」
基本料金0円0円
従量料金一律 23.94円 / kWh一律 22.91円 / kWh

 

 

エルピオでんきの料金プランはLooopでんきと違うので、あなたは

 

「どっちがお得な電力会社なの?」

 

と疑問だらけになってしまいます。(;^_^A

そんなときは、下の公式サイトでシミュレーションを行うと、電気代がどれだけ安くなるか比較できます。

 

+ 新電力会社はどれくらい安くなるか経済産業省に書かれていました。

料金比較(事業者間比較) 東京電力管内における新電力の料金プランは、東京電力の規制料金メニューと比較して、 使用電力量が350kWh程度で規制料金より5%程度、450kWhで規制料金より10%程度低い。 引用元:経済産業省より

 

ハツオ
まずは、シュミレーションして比較してください。(電気明細書か検針票を準備するとスムーズ!)

 

シュミレーション!

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきプランを比較

 

 

先程はLooopでんきとエルピオでんきの、どちらもスタンダードなプランを紹介しました。

ここではその他のプランを紹介します。

 

Looopでんき

 

Looopでんきではオール電化の家庭向けの「スマートタイムプラン」があります。

オール電化の家庭は夜間に電気でお湯を沸かし給湯器にためておける。日中使う仕組みをとっているため、夜間の電気代が安くなるような料金設定。

オール電化向けのプランがある新電力会社は少ないので、オール電化の家庭でも安くなるプランがあるのは嬉しいですね。

 

エルピオでんき

 

エルピオでんきの東京電力エリアにはスタンダードプラン以外のプランがあります。

 

プレミアムプラン

 

一定の電気使用量までは定額で、それ以上は従量料金となるプランです。

 

深夜お得プラン

 

23時から6時までの電気代が安くなる。

オール電化の家庭にもおすすめのプランです。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきのシミュレーションやり方→簡単です。

 

 

あなたが「シュミレーションのやり方がわからないよ~。」

と思っているなら、

 

シミュレーションはどこでするのか?

 

Looopでんき、エルピオでんきのどちらも公式サイトから可能。

 

ハツオ
事前に電気使用量が分かるよう検針票を準備しておきましょう。

参考

  • Looopでんきはトップページの「料金を計算」
  • エルピオでんきはトップページの「料金シミュレーション」

 

を、クリックするとシミュレーションページへ移行します。

ただし、どちらのシミュレーションも大手電力会社との比較しかできない。

Looopでんきとエルピオでんきの比較をするには、両方の公式サイトからシミュレーションしないといけません。

また、シュミレーションは目安ですから、正確な電気代のシュミレーションはできませんよ。

 

※このシミュレーションはあくまで試算であり、実際のご請求金額とは異なる場合がありますのでご了承ください。(低圧供給のみ)

 

引用元:東北電力公式サイトより

 

 

ハツオ
下から無料でLooopでんきとエルピオでんきのシュミレーションができますw

 

最短5分で申し込み完了!

エルピオでんき公式サイト

※契約後に解約しても違約金はありません。

 

\WEBでかんたん申込み!/

looopでんき公式サイト

※基本料金、解約金、手数料すべて0円。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきで電気の質は?→電気の質は同じです。

 

 

私もそうでしたが、今の電力会社からループでんきやエルピオでんきに乗り換えて、

 

「電気の品質って悪くなったりしないの?」

 

多くの方が不安に思うことです。しかし、

ハツオ
どこの電力会社でも電気の質が変わりません。

 

電力会社で作られた電気は、あなたのご自宅の近くにある送電線に乗ってやってきます。

言い方は悪いですが、送電線に入った電気はごちゃまぜになり、あなたの自宅だけでなく、お隣さんや周辺地域に同じ電気が流れていきます。

そのため、どの電力会社にしても、各家庭に届く電気の質は全く変わりません。

経済産業省にも書かれていました。

 

自分だけ停電が多くなる恐れはないのでしょうか? 電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)は、どの会社から電気を買っても同じです。 引用元:経済産業省より

 

以上にように電力会社の電気はどこも同じなので、いままでのように電気を安心してお使いになれますw

 

ハツオ
私も実際に両社の電気を使っていましたが、ふつうに電気を使えましたよw

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきでトラブルは?

 

 

ここからは、電気トランブルになった場合、どう対応するのか解説します。

Looopでんきでは東京電力管内で「かけつけるーぷ」というトラブル時に対応するサービスをしています。

停電やブレーカートラブルなどに24時間365日無料で対応。

エルピオでんきでは全てのエリアで「安心駆けつけサービス」を行なっています。

Looopでんきと同じように、電気のトラブルに24時間365日無料で対応してくれます。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきの注意点

 

 

Looopでんきとエルピオでんきの注意点を紹介しておくと、、、

 

ハツオ
電気使用量の注意点はどちらにも言えることですが、

 

Looopでんきとエルピオでんきではエリアや電気使用量によって、どちらが安くなるか変わってきます。

自身の電気使用量を確認してシミュレーションをしてから、どちらを利用するか決めるようにしましょう。

 

また、

 

ハツオ
支払い方法については・・・

 

Looopでんきはクレジットカード払いのみなので、クレジットカードがない方は新しく作成してから申し込む必要があります。

エルピオでんきはクレジットカードと口座振替があります。支払い方法が2種類あるのはうれしいですね。

 

👇クレジットカードと口座振替がイマイチわからない場合は下をクリック!

+ クレジットカードと口座振替についてです。ご興味があればクリックしてください。

口座振替とは、毎月の公共料金やクレジットカードの支払いが、指定の口座から定期的に自動で引き落とされる決済サービスのこと。 引用元:ソニー銀行公式サイトより

クレジットカードとは、後払いができるカードのことです。 コンビニやスーパーでのショッピングのみならず、オンラインショッピング、水道や光熱費等の公共料金、税金など幅広いシーンで支払いに利用できます。 引用元:セゾンカード公式サイトより

 

目次にもどる↑

 

ループでんきかエルピオでんきに切り替えるには?

 

 

あなたがLooopでんきかエルピオでんきに切り替えるなら、

 

「どこから切り替えるのかなぁ~。」

 

と電力会社の切り替えがはじめてなら、どうやるのかわからないですよね?

 

Looopでんき・エルピオでんきの切り替えは公式サイトからですw

 

Looopでんきやエルピオでんきに切り替える場合、公式サイトの「お申込み」から手続き。

手続きには現在の契約内容の分かる書類(検針票や請求書など)が必要なので、手元に準備しておきましょう。

また、支払い方法の登録もあるので、準備しておきましょう。

 

支払い方法

  • Looopでんきはクレジットカードを用意。
  • エルピオでんきはクレジットカードか口座振替を用意。

 

現在、使用中の電力会社の解約手続きはLooopでんきかエルピオでんきがしてくれます。

自分で手続きする必要はありません。

基本的に住所がかわらず、「エルピオでんきやループでんきに乗り換える。」については解約の必要はありません。

 

しかし

 

引っ越しによって電力会社を変えた場合、現在、契約している電力会社にあなた自身で連絡が必要になります。

 

ハツオ
早めに連絡しないと余計な電気代が発生する可能性があるので、なるべく早くご連絡ください。

 

ループでんきとエルピオでんきに申込みした体験記事はお読みになりましたか?

もしも、読んでいないなら、マイページ画面や電気代など当サイトにしかない情報が山盛りですw

 

関連記事
【デメリット!】Looopでんきを申込みした評判から21の事実を専門家が解説!すげー口コミありw

  looopでんきのポイント ループでんきは価格・サービス・電気供給の1位を取り、自然エネルギーで電気を供給し地球環境に優しい電力会社です。 解約しても違約金は無く、気楽に申込みできます。 ...

続きを見る

 

関連記事
【リアル料金】エルピオでんきに申込みした評判・デメリット20選!電気代は安いのか解説!

  エルピオでんきポイント エルピオでんきは50年に渡ってLPガスを販売し7万世帯と契約しています。 電気とガスのセット割で申し込みするとお得です。 今ならキャッシュバック、キャンペーン中で ...

続きを見る

 

目次にもどる↑

 

まとめ

 

 

Looopでんきとエルピオでんきの比較してどのような違いがあるか解説しました。

 

まとめ

  • Looopでんきが安いエリア、エルピオでんきが安いエリアがある。
  • Looopでんきもエルピオでんきもオール電化あり。※エルピオでんきは東京電力エリアのみ
  • Looopでんきもエルピオでんきも電気の質は変わらない。
  • Looopでんきもエルピオでんきもトラブル発生時の駆けつけサービルあり。

 

以上がLooopでんきとエルピオでんきを比較でした。

Looopでんきは自然派のエネルギーを目指し、基本料金は0円。従量料金は各エリアで均一。

エルピオでんきは電気とガスのセット割があり、電気の料金プランは各エリアで異なります。

電気代に関して、エリアや電気使用量によって違ってきますので、心配なら料金シュミレーションが便利ですよ。

 

 

ココがおすすめ

  • 東北エリア、東京エリア、中国エリア、九州エリア→エルピオでんき
  • 北海道エリア、北陸エリア、関西エリア、沖縄エリア→ループでんき

 

ハツオ
下からエルピオでんきとループでんきの公式サイトをチェックできます。

 

 

最短5分で申し込み完了!

エルピオでんき公式サイト

※契約後に解約しても違約金はありません。

 

\WEBでかんたん申込み!/

looopでんき公式サイト

※基本料金、解約金、手数料すべて0円。

 

目次にもどる↑

 

 

-looopでんき(ループでんき), エルピオでんき, 新電力会社一覧

© 2021 お電気ニュース☆彡 Powered by AFFINGER5