looopでんき エルピオでんき 新電力会社一覧

【注目対決!】Looopでんきとエルピオでんきを比較10選!

 

looopとエルピオの特徴

Looopでんきは価格・サービス・電気供給の1位を獲得しています。

解約しても違約金は無く、気楽に申込みできます。

>>>looopでんきの申込みはこちらから!

エルピオでんきはLPガスを50年に渡って販売し格安な電力会社。

電気とガスをセットで申し込みすると、さらに格安で申し込みできます。

>>>エルピオでんきの申込みはこちらから!

 

ハツオ
わたしは電気の仕事を10年以上し、資格も取得しています。(ハツオ・プロフィール)

私はエルピオでんきとLooopでんきと契約していたので、どこよりも両者を比較した記事を紹介できます。

 

この記事を読むメリット

  • 実際に申し込みした画像などからリアルに比較できる。
  • どちらの電力会社がおすすめかも紹介。
  • 電気代を公開しているので、料金の目安になる。

 

この記事ではLooopでんきとエルピオでんきの料金やプランを比較して、どのような違いがあるのかを解説。

Looopでんきとエルピオでんきのどちらに申し込めばいいか迷っているなら、絶対参考になるページになっています。

わたしのマイページ画面を公開するので、さらによくわかる内容です。

ぜひ、最後までお読みください。

 

Looopでんきはどんな電力会社なの?

 

 

Looopでんきは東日本大地震をきっかけに設立された電力会社です。

自然エネルギーの電力を増加する電力会社です自然エネルギーを普及を強く願っている電力会社とも言えます。

Looopでんきの料金プランは基本料金0円。

従量料金が一律と、シンプルが最大の特徴です。

 

目次にもどる↑

 

エルピオでんきはどんな電力会社なの?

 

 

エルピオでんきは50年以上ガスの供給を行ってきたエルピオが手掛け、約75000世帯に電気を供給していますw

広告費などを利用しないことでコストを削減し、消費者の電気代に還元している。そんな電力会社です。

また、ガス会社ということで、ガスとのセット割が人気でおトクです。

 

+ 資源エネルギー庁は新電力会社に乗り換えると、様々なサービスがあると書かれています。

電気の小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、様々な料金メニュー・サービスが登場することが期待されます。 例えば、電気とガス、電気と携帯電話などの組み合わせによるセット割引や、ポイントサービス、さらには家庭の省エネ診断サービスなどが登場しています。 引用元:資源エネルギー庁より  

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきの料金を比較

 

 

Looopでんきとエルピオでんきの料金はエリアや電気使用量によってどちらが安いか変わってきます。

 

ハツオ
まずLooopでんきの料金から見ていきましょう。

 

Looopでんきは基本料金が0円で従量料金がエリアごとに一律となっています。

エリアごとの従量料金がこちらです。

 

    • 北海道電力 29.5円(税込) / kWh

    • 東北電力 26.4円(税込) / kWh

    • 東京電力 26.4円(税込) / kWh

    • 中部電力 26.4円(税込) / kWh

    • 北陸電力 21.3円(税込) / kWh

    • 関西電力 22.4円(税込) / kWh

    • 中国電力 24.4円(税込) / kWh

    • 四国電力 24.4円(税込) / kWh

    • 九州電力 23.4円(税込) / kWh

    • 沖縄電力 27.0円(税込) / kWh

    引用元:ループでんき公式サイト

 

ハツオ
Looopでんきは基本料金0円の、従量料金はエリアによって均一になっています。

 

エルピオでんきの料金プランは?

 

ハツオ
次にエルピオでんきです。

 

エルピオでんきには様々なプランがあり、エリアによってプランの数や内容も違いがあります。

ここではLooopでんきとの比較をするため一般家庭向けの「スタンダードプランS」「使った分だけ Sプラン」の料金を見てみましょう。

 

基本料金 東北電力エリア「スタンダードプランS」 東京電力エリア「スタンダードプランS」 中部電力エリア「スタンダードプランS」
30A 743.52円 858.0円 743.52円
40A 937.04円 1,086.8円 937.04円
50A 1,171.29円 1,344.2円 1,171.29円
60A 1,497.22円 1,613.04円 1,497.22円
従量料金 一律23.42円/kWh
  • 120kWhまで     30A 21.14円(税込) / kWh     40~50A 18.84円(税込) /kWh          60A 18.65円(税込) / kWh
  • 121kWhから300kWhまで   23.03円(税込) / kWh         
  • 301kWh以上 25.78円/ kWh

 

一律 23.62円 / kWh

 

  北陸電力エリア「使った分だけSプラン」 関西電力エリア「使った分だけSプラン」 中国電力エリア「使った分だけSプラン」
基本料金 0円 0円 0円
従量料金 一律 21.3円 / kWh 一律 22.2円 / kWh 一律 23.58円 / kWh

 

  四国電力エリア「使った分だけSプラン」 九州電力エリア「使った分だけSプラン」
基本料金 0円 0円
従量料金 一律 23.94円 / kWh 一律 22.91円 / kWh

 

エルピオでんきの料金プランはLooopでんきと違うので、ぱっと見はわかりません。

そのため下の公式サイトでシミュレーションを行うのが良いかと思います。

 

+ 新電力会社はどれくらい安くなるか経済産業省に書かれていました。

料金比較(事業者間比較) 東京電力管内における新電力の料金プランは、東京電力の規制料金メニューと比較して、 使用電力量が350kWh程度で規制料金より5%程度、450kWhで規制料金より10%程度低い。 引用元:経済産業省より

 

ハツオ
ちなみに私はエルピオでんきの方が安くなると思います。

 

理由はループでんきとちがいエルピオでんきに基本料金がありますが、電気使用量がかなり安い電力会社だからです。

おそらく電力会社の中でも最安値に近い価格になっていますよ。

 

ハツオ
下は私が申し込みしたエルピオでんきの公式サイトです。

 

最短5分で申し込み完了!

エルピオでんき公式サイト

※契約後に解約しても違約金はありません。

 

目次にもどる↑

 

東京電力エリアはエルピオでんきが安い

 

 

 

東北電力エリア、中部電力エリアは電気使用量が少ないとLooopでんきが安く、電気使用量が多いとエルピオでんきが安い。

具体的な数字で見てみましょう。

 

1人暮らしや忙しくて家にいない時間が多く電気使用量が少ない場合

 

契約アンペア30A、1ヶ月の電気使用量150kWh

 

  • 東北電力エリア
  • Looopでんき 3,960円
  • エルピオでんき 4,256円

 

  • 東京電力エリア
  • Looopでんき 3,960円
  • エルピオでんき 4,085円

 

  • 中部電力エリア
  • Looopでんき 3,960円
  • エルピオでんき 4,286円

 

2人暮らしの場合

 

契約アンペア 40A、1ヶ月の電気使用量 350kWh

  • 東北電力エリア
  • Looopでんき 9,240円
  • エルピオでんき 9,134円

 

  • 東京電力エリア
  • Looopでんき 9,240円
  • エルピオでんき 8,782円

 

  • 中部電力エリア
  • Looopでんき 9,240円
  • エルピオでんき 9,204円

 

4〜5人暮らしで電気使用量が多い場合

 

契約アンペア 50A、1ヶ月の電気使用量450kWhで比較してみましょう!

 

  • 東北電力エリア
  • Looopでんき 11,880円
  • エルピオでんき 11,710円

 

  • 東京電力エリア
  • Looopでんき 11,880円
  • エルピオでんき 11,617円

 

  • 中部電力エリア
  • Looopでんき 11,880円
  • エルピオでんき 11,800円

 

注意

※北陸電力エリアは変わらない。

 

関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリアはエルピオでんきが安いです。

エルピオでんきも北陸電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリアでは基本料金0円。

 

ハツオ
従量料金が一律のプランとなっており、北陸電力エリアは従量料金が同じで、その他のエリアはLooopでんきよりも従量料金が安くなっています。

 

全てのエリアを通して電気使用量が少ない場合はLooopでんきが安く、多い場合はエルピオでんきの方が安くなりますね。

まずはご自身の電気使用量を確認してからどちらにするか選ぶといいでしょう。

 

最短5分で申し込み完了!

エルピオでんき公式サイト

※契約後に解約しても違約金はありません。

 

\WEBでかんたん予約する/

looopでんき公式サイト

※基本料金、解約金、手数料すべて0円。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきプランを比較

 

 

先程はLooopでんきとエルピオでんきのどちらもスタンダードなプランを紹介しました。

ここではその他のプランを紹介します。

 

Looopでんき

 

Looopでんきではオール電化の家庭向けの「スマートタイムプラン」があります。

オール電化の家庭は夜間に電気でお湯を沸かし給湯器にためておける。日中使う仕組みをとっているため、夜間の電気代が安くなるような料金設定。

オール電化向けのプランがある新電力会社は少ないので、オール電化の家庭でも安くなるプランがあるのは嬉しいですね。

 

エルピオでんき

 

エルピオでんきの東京電力エリアにはスタンダードプラン以外のプランがあります。

 

プレミアムプラン

 

一定の電気使用量までは定額で、それ以上は従量料金となるプランです。

 

深夜お得プラン

 

23時から6時までの電気代が安くなる。

オール電化の家庭にもおすすめのプランです。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきどちらが安くなるかの比較にはシミュレーションが便利

 

 

自分にはどちらの電力会社が合っているかを確認するにはシミュレーションが便利です。

シミュレーションはLooopでんきとエルピオでんきのどちらも公式サイトですることができます。

 

ハツオ
事前に電気使用量が分かるよう検針票を準備しておきましょう。

 

Looopでんきはトップページの「料金を計算」、エルピオでんきはトップページの「料金シミュレーション」をクリックするとシミュレーションページへ移行します。

ただし、どちらのシミュレーションも大手電力会社との比較しかできません。

Looopでんきとエルピオでんきの比較をするには両方のシミュレーションに、1ヶ月の電気使用量を入力して料金を比べてみましょう。

 

ハツオ
下から無料でLooopでんきとエルピオでんきのシュミレーションができます。

 

最短5分で申し込み完了!

エルピオでんき公式サイト

※契約後に解約しても違約金はありません。

 

\WEBでかんたん予約する/

looopでんき公式サイト

※基本料金、解約金、手数料すべて0円。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきで電気の質は?

 

 

ハツオ
Looopでんきとエルピオでんきで電気の質が変わりません。

 

電力会社で作られた電気は既存の電力会社の送配電網を利用して電気の供給を行うので、送配電網の中で他社の電気と混ざることになります。

そのため、どの電力会社にしても各家庭に届く電気の質は全く変わらないので安心してください。

+ 経済産業省に停電について書かれていました。

自分だけ停電が多くなる恐れはないのでしょうか? 電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)は、どの会社から電気を買っても同じです。 引用元:経済産業省より

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきでトラブルは?

 

 

Looopでんきでは東京電力管内で「かけつけるーぷ」というトラブル時に対応するサービスをしています。

停電やブレーカートラブルなどに24時間365日無料で対応してくれます。

エルピオでんきでは全てのエリアで「安心駆けつけサービス」を行なっています。

Looopでんきと同じように電気のトラブルに24時間365日無料で対応してくれます。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきとエルピオでんきの注意点

 

 

Looopでんきとエルピオでんきではエリアや電気使用量によってどちらが安くなるか変わってきます。

自身の電気使用量を確認してシミュレーションをしてから、どちらを利用するか決めるようにしましょう。

また、Looopでんきはクレジットカード払いのみなので、クレジットカードがない方は新しく作成してから申し込む必要があります。

エルピオでんきはクレジットカードと口座振替があります。支払い方法が2種類あるのはうれしいですね。

 

+ クレジットカードと口座振替についてです。ご興味があればクリックしてください。

口座振替とは、毎月の公共料金やクレジットカードの支払いが、指定の口座から定期的に自動で引き落とされる決済サービスのこと。 引用元:ソニー銀行公式サイトより

クレジットカードとは、後払いができるカードのことです。 コンビニやスーパーでのショッピングのみならず、オンラインショッピング、水道や光熱費等の公共料金、税金など幅広いシーンで支払いに利用できます。 引用元:セゾンカード公式サイトより

 

目次にもどる↑

 

電力会社を切り替えるにはどうしたらいいの?

 

 

電力会社の切り替えは公式サイトから申し込めます。

Looopでんきへの切り替える場合、公式サイトの「お申し込み」から手続きします。

手続きには現在の契約内容の分かる書類(検針票や請求書など)が必要なので、手元に準備しておきましょう。

現在使用中の電力会社の解約手続きはLooopでんきがしてくれるので、自分で手続きする必要はありません。

基本的に住所がかわらず、「エルピオでんきやループでんきに乗り換える。」については解約の必要はありません。

 

しかし

 

引っ越しによって電力会社を変えた場合、現在、契約している電力会社にあなた自身で連絡が必要になります。

 

ハツオ
早めに連絡しないと余計な電気代が発生する可能性があるので、なるべく早くご連絡ください。

 

目次にもどる↑

 

まとめ

 

 

Looopでんきとエルピオでんきの比較してどのような違いがあるか解説しました。

 

まとめ

  • Looopでんきが安いエリア、エルピオでんきが安いエリアがある。
  • Looopでんきもエルピオでんきもオール電化あり。※エルピオでんきは東京電力エリアのみ
  • Looopでんきもエルピオでんきも電気の質は変わらない。
  • Looopでんきもエルピオでんきもトラブル発生時の駆けつけサービルあり。

 

以上がLooopでんきとエルピオでんきを比較して分かった違いでした。

 

ハツオ
エルピオでんきの方が安くなることが多いです。

 

しかし、エリアによっては使用量が少ないとLooopでんきの方が安いので、必ずシミュレーションすることを忘れないでくださいね。

 

ココがおすすめ

  • 電気使用量が多い→エルピオでんき
  • 電気使用量が少ない→ループでんき

 

あなたは安い電力会社を選んで電気代を節約しましょう。

 

ハツオ
下からエルピオでんきとループでんきの公式サイトをチェックできます。

 

最短5分で申し込み完了!

エルピオでんき公式サイト

※契約後に解約しても違約金はありません。

 

\WEBでかんたん予約する/

looopでんき公式サイト

※基本料金、解約金、手数料すべて0円。

 

目次にもどる↑

 

-looopでんき, エルピオでんき, 新電力会社一覧

© 2021 お電気ニュース☆彡 Powered by AFFINGER5