looopでんき(ループでんき) 新電力会社一覧 楽天でんき

【衝撃】ループでんきと楽天でんきを専門家が比較した10選!料金と電力の品質は?

 

looopでんきのポイント

ループでんきは価格・サービス・電気供給の1位を獲得しています。

自然エネルギーで電気を供給し地球環境に優しい電力会社です。

解約しても違約金は無く、気楽に申込みできます。

>>>looopでんきの申込みはこちらから!

 

ハツオ
私は電気の仕事を10年以上し、資格も取得しています。(ハツオ・プロフィール)本日はループでんきと楽天でんきをさまざまの観点から比較します。  

 

この記事を読むメリット

  • ループでんきと楽天でんきを比較し、どちらがあなたに合うかわかる。
  • ループでんきと楽天でんきのメリットがわかり得をする。
  • どちらの電力会社があなたに合うかわかり時短になる。

 

あなたはループでんきと楽天でんき、どちらに申し込むか疑問ではありませんか?   

そこでループでんきと楽天でんきを料金や内容などを比較しました。

あなたがこの先を読むことで、ループ電気と楽天でんきをよく知ることができ、どちらがあなたに合うかわかります。

あなたがどちらと契約するかお迷いなら、絶対に読んでほしい内容ですよ!

ぜひ、最後まで読んでくださいね。

 

ループでんきの特徴をチェック

 

以前まで(2016年4月)は関東エリアでは東京電力のみ契約できるなど、自由に電力会社を選ぶことはできませんでした。

しかし、電力自由化によって、誰でも電力会社を選べるようになりました。

👇電力自由化がわからない方は下をチェック。

+ 電力自由化はクリック!

電力自由化による変化 2016年 4 月の電力の小売全面自由化により、これまでの「一般電気事業者(大手電力会社10社)」や 「特定規模電気事業者(PPS: Power Producer and Supplierや新電力とも呼ばれる)」の区別はなくな り、垂直一貫体制を前提としない事業類型を基本する制度に転換した。

これらの流れを受けて、一般家庭においては、電 気事業者を変更する「電力契約のスイッチング」と いう行動が見られており、2017年12月末時点では約 611万件(全世帯の約10%)が電力契約の切り替えを 申し込んでいる(同上)

引用元:京都女子大学のエネルギー消費と温室効果ガス排出量分析から

 

では、Looopでんきはどんな電力会社なんでしょうか。

Looopでんきは東日本大地震をきっかけに設立された電力会社会社。

再生可能エネルギーの普及に力を入れており、太陽光発電や風力発電など燃料費がかからない方法での電力供給を行っています。

そのため、地球環境に優しい電力会社といえますね。

 

ループでんきの基本情報

 

ループでんきの基本情報

  • 会社名:株式会社Looop
  • 契約プラン:個人プラン、高圧プラン、ソーラープランなど
  • 基本料金:0円
  • 電気量料金:エリア別に均一(東京電力エリア26.4円)
  • 違約金:無料
  • 支払い方法:クレジットカード決済
  • 契約方法:ネット申込み(looop-denki.com

 

 

 

目次にもどる↑

 

楽天でんきの特徴を紹介

 

 

楽天でんきは楽天グループの楽天モバイルが運営している電力会社です。

月々の電気代から楽天ポイントが貯まり、電気代を楽天ポイントから支払えます。

楽天でお買い物をする方にはおすすめの電力会社! 

 

楽天でんきの基本情報

 

楽天でんき基本情報

  • 会社名:楽天モバイル株式会社
  • 契約プラン:個人プラン、事業向けプラン、動力プラン
  • 基本料金:0円
  • 電気量料金:エリア均一(東京電力エリア26.5円)
  • 解約金:発生しない 支払い方法:クレジットカード、ポイント支払い
  • 申込み:ネット申込み
  • 公式サイト:energy.rakuten.co.jp

 

 

電気の小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、様々な料金メニュー・サービスが登場することが期待されます。

 

例えば、電気とガス、電気と携帯電話などの組み合わせによるセット割引や、ポイントサービス、さらには家庭の省エネ診断サービスなどが登場しています。

 

引用元:資源エネルギー庁より

 

目次にもどる↑

 

ループでんきと楽天でんきの料金を比較 →エリアで違いあり。

 

 

あなたがループでんき、もしくは楽天でんきのどちらと契約するか迷っているなら、「どちらに申込みこめば良いの?」

 

料金の安い方に申込みしてくださいw

 

と言いたいです。(笑)

電力会社の乗り換えで大切なのは、料金が安くなるかですw

では、ループでんきと楽天でんきの電気料金を比較表でチェックしていきましょう。

実際にループでんきと楽天でんきの公式サイトでシュミレーションしたので、あなたが調べる手間が省けるはずです。

 

シュミレーション内容

  • 契約アンペア/電力使用量:30A/150kWh(1人世帯)・40A/300kWh(2~3人世帯)・50A/450kWh(4人世帯~)
  • 従量電灯B、(関西、中国、四国は従量電灯A。沖縄は従量電灯)
  • 2021年5月、1ヶ月間でシュミレーション
  • 年間で安くなる電気代

※シュミレーションは目安とする。

 

デンミ(ハツオ妹)
あなたの自宅の電気使用量に近いところを見てくださいね♪

 

従量電灯B(アンペア数)looopでんき楽天でんき
北海道エリア

150kwh→4,876円

300kwh→14,404円

450kwh→28,283円

150kwh→3,760円

300kwh→10,523円

450kwh→21,495円

東北エリア

150kwh→✖

300kwh→4,495円

450kwh→14,748円

150kwh→✖

300kwh→3,950円

450kwh→13,294円

東京エリア

150kwh→964円

300kwh→7,736円

450kwh→20,281円

150kwh→743円

300kwh→8,168円

450kwh→20,817円

中部エリア

150kwh→1,912円

300kwh→5,680円

450kwh→13,612円

150kwh→1,626円

300kwh→5,618円

450kwh→13,365円

北陸エリア

150kwh→4,050円

300kwh→9,216円

450kwh→16,798円

150kwh→2,489円

300kwh→6,501円

450kwh→15,938円

関西エリア

150kwh→✖

300kwh→9,450円

450kwh→23,217円

150kwh→✖

300kwh→10,378円

450kwh→24,505円

中国エリア

150kwh→✖

300kwh→5,620円

450kwh→16,895円

150kwh→✖

300kwh→5,638円

450kwh→16,735円

四国エリア

150kwh→✖

300kwh→5,620円

450kwh→16,895円

150kwh→✖

300kwh→5,753円

450kwh→18,268円

九州エリア

150kwh→1,884円

300kwh→7,026円

450kwh→16,403円

150kwh→1,622円

300kwh→7,117円

450kwh→16,507円

沖縄エリア

150kwh→✖

300kwh→2,141円

450kwh→9,722円

150kwh→✖

300kwh→2,122円

450kwh→9,661円

参考元:LooopでんきHPシュミレーションより

参考元:楽天でんきHPシュミレーションより

 

以上のような料金になっていました。

以下のエリアはループでんきが安くなりやすいです。

 

参考

  • 北海道エリア
  • 東北エリア
  • 中部エリア
  • 北陸エリア
  • 沖縄エリア

 

特に北海道エリアでは年間に450kwhなら28,000円以上の節約。

中部エリア、北陸エリアなら300kwhで年間に5,000円~9,000円の節約に。

また、ほとんどのエリアで450kwh以上の電気使用量なら、年間に約10,000円の節約に期待がもてます。

一方、楽天でんきで電気代を節約できるエリアは👇です。

 

参考

  • 東京エリア
  • 関西エリア
  • 四国エリア

 

楽天でんきは以上のエリアでは、年間に300kwhで約5,000円~約10,000円の節約になります。

また、450kwhなら年間に

  • 四国エリアで約18,000円。
  • 東京エリアでは約20,000円。
  • 関西エリアでは約24000円。

と、電気使用量が多いほど、電気代の節約になることがわかりました。

looopでんきも楽天でんきも電気使用量が多いと、電気代の節約が多くなりやすいです。

また、エリアによって電気代に差額があることもわかりましたね。

 

looopでんき

👇【公式サイト】

>>>looopでんきをチェックする!

※途中解約しても解約金は発生しません。

 

Looopでんきと楽天でんきはどちらも基本料金0円、従量料金が一律の電力会社です。  

基本料金とはアンペア料金のことを言い、電気を使っていなくても電気代が毎月発生する料金のことを言います。

 

東京電力の場合、契約アンペアには「10・15・20・30・40・50・60A」という7種類があり、契約者が自由に選択できます。

 

どのアンペアを選ぶかによって、電気料金の基本料金も変わってきます。

 

引用元:Niftyでんき公式サイトより

 

基本料金はループ電気も楽天でんきもゼロ円。   

どちらも0円なので、旧電力会社(東京電力、関西電力など)より安くなりやすいのが特徴です。

次に従量料金。電気を使った分だけ請求されると言うものです。                

これはどちらも一律の金額になっています。                

普通は従量料金は3段階に料金が分かれていますが、ループ電気も楽天でんきも均一の料金となっています。               

 

ハツオ
両社の従量料金をチェックしてみましょう!

 

Looopでんきのおうちプラン価格   

  • 北海道電力エリア 29.5円(税込) / kWh 
  • 東北電力エリア 26.4円(税込) / kWh   
  • 東京電力エリア 26.4円(税込) / kWh   
  • 中部電力エリア 26.4円(税込) / kWh   
  • 北陸電力エリア 21.3円(税込) / kWh
  • 関西電力エリア 22.4円(税込) / kWh   
  • 中国電力エリア 24.4円(税込) / kWh     
  • 四国電力エリア 24.4円(税込) / kWh   
  • 九州電力エリア 23.4円(税込) / kWh   
  • 沖縄電力エリア 27.0円(税込) / kWh  

 

引用元:Looopでんき公式サイト   

 

楽天でんきSプランの価格

 

 

  • 北海道電力エリア 30.0円(税込) / kWh 
  • 東北電力エリア 26.5円(税込) / kWh 
  • 東京電力エリア 26.5円(税込) / kWh     
  • 中部電力エリア 26.5円(税込) / kWh   
  • 北陸電力エリア 22.0円(税込) / kWh
  • 関西電力エリア 22.5円(税込) / kWh 
  • 中国電力エリア 24.5円(税込) / kWh 
  • 四国電力エリア 24.5円(税込) / kWh   
  • 九州電力エリア 23.5円(税込) / kWh 
  • 沖縄電力エリア 27.0円(税込) / kWh 

 

引用元:楽天でんき公式サイト

 

沖縄電力エリアはどちらも同じ価格ですが、それ以外のエリアではLooopでんきのほうが安くなっています。  

あなたはさきほどの電気代の比較表から「あれ、楽天でんきが安いエリアもあったよね?」と疑問に思っていませんか。

実は先ほどのループでんきと楽天でんきの比較表は、公式サイトでシュミレーションした電気代です。

シュミレーションの仕組みは、燃料調整費や賦課金なども含まれ、時期によって変動するもの。

また、ループでんきや楽天でんきのシュミレーションの仕組みは同じでなく、独自のシステムを使用しているので目安として使用するしかありません。

 

※このシミュレーションはあくまで試算であり、実際のご請求金額とは異なる場合がありますのでご了承ください。(低圧供給のみ)

 

引用元:東北電力公式サイトより

 

そのため、楽天でんきよりループでんきの料金単価が安いのに、楽天でんきが安くなる結果が出てしまう事もあるんですね。

そのため、「とにかく電気代を安くしたい!」という方にはLooopでんきがおすすめです。      

 

ただし、楽天でんきは楽天ポイントが貯まるので、ポイント数を含めて考えると楽天でんきの方がおトクな場合もある。

 

ハツオ
下からループでんきの公式サイトをチェックできます。

 

\WEBでかんたん申込み!/

looopでんき公式サイト

※基本料金、解約金、手数料すべて0円。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきと楽天でんきに夜間プランは?→Ⅼooopでんきにあり。

 

 

楽天でんきの一般家庭向けのプランはSプランのみですが、

Looopでんきは新しく夜間の電気代が安くなる、スマートタイムプランの取扱いを始めました。 

季節や時間帯で従量料金が変わるので、日中不在にすることが多い方やオール電化のご家庭におすすめです。

夜間電力についてわからない方は👇をクリック!

+ 夜間電力について

日本全体の電気使用量が少なくなる夜間は発電所の能力に余剰が出ます。その余裕がある時間帯に作った電気を活用し、その分日中の電力消費を減らしてもらうことで、深夜時間帯に限って電気を使う契約をした回線に対して、この時間の電気を安く供給しています。

このように、電気使用量が少ない深夜の時間帯に供給されている電力を安く利用することができる契約プランが、深夜電力です。

引用元:エネチェンジ公式サイトより

 

ハツオ
新電力会社でオール電化対応のプランを取り扱っている会社は少ないので、安くなるプランがあるのは嬉しいですね。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきと楽天でんきの比較にはシミュレーションが便利   

 

          

 

Looopでんきと楽天でんきの電気代がどれくらい違うかを、具体的に比較するにはシミュレーションが便利です。

シミュレーションはLooopでんきと楽天でんきの公式サイトですることができます。 

 

ただし、どちらのサイトも大手電力会社との比較になるので、それぞれでシミュレーションをしてみて結果を比較してみましょう。

楽天でんきのシミュレーションではポイントが、どれくらい貯まるかも知ることができます。

従量料金はLooopでんきのほうが安いですが、その差はあまり大きくありません。

よく楽天を利用する方は、ポイントも含めてシミュレーションしてみるといいでしょう。       

 

※このシミュレーションはあくまで試算であり、実際のご請求金額とは異なる場合がありますのでご了承ください。(低圧供給のみ)

 

引用元:東北電力公式サイトより

 

ループでんきや楽天でんきのシュミレーションは、現在の契約内容がわかる電気明細書か検針票を準備すると、すぐにシュミレーション可能。

 

ポイント

  1. 無料で使用可能。
  2. 登録の手間なし。
  3. 最短10秒で診断可能。

 

もしも、「電気明細書か検針票がないよ~。」というあなたは、下を目安にシュミレーションしても良いかと思います。

 

  • 30A/150kWh(1人世帯)
  • 40A/300kWh(2~3人世帯)
  • 50A/450kWh(4人世帯~)

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきと楽天でんきでの電気の質は?   →どこの電気も同じ。

 

 

あなたがLooopでんきか楽天でんきに乗り換えるなら、

 

「電気の品質ってだいじょうぶなの?」

 

と心配ではありませんか。

普段の生活で照明が暗い。電気が停電する。品質の悪い電気を使いたくないですよね。

実はLooopでんきと楽天でんきで電気の質は同じです。        

私は実際にループ電気に申込みし電気を使いましたが、特にトラブルもなく安心して電気を使うことができました。

下の経済産業省にも書かれてしました。               

 

自分だけ停電が多くなる恐れはないのでしょうか?

 

電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)は、どの会社から電気を買っても同じです。   

 

引用元:経済産業省より

 

ハツオ
Looopでんきも楽天でんきでも電気の品質はまったく同じなので安心です。

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきと楽天でんきでトラブル時は?                

 

 

Looopでんき

Looopでんきでは東京電力管内で「かけつけるーぷ」という停電やブレーカートラブルなどに24時間365日無料で対応してくれるサービスがあります。

 

楽天でんき

楽天でんきにはそのようなサービスはないため、トラブル時には大手電力会社へ連絡し有料で対応してもらうことになります。

 

ハツオ
トラブル時の対応はループ電気の方が安心できると言えます。 

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきと楽天でんきの切り替え注意点

 

 

Looopでんきと楽天でんきは、どちらも電気を使えば使うほど安くなる料金設定です。

電気をあまり使わない人にとっては割高となってしまう可能性がある。       

一人暮らしの方や、忙しく不在にすることが多い方は、まずシミュレーションして安くなるか確認しましょう。                

また、料金の支払いがLooopでんきはクレジットカード払いのみで、楽天でんきはクレジットカード払いとポイント払いのみとなっています。

 

ハツオ
支払い方法に関しては、楽天でんきの方が支払い方法が多いです。

 

どちらも口座振替や銀行振り込みなどでは支払いができないので、クレジットカードを持っていない方は事前に作成してから申込む必要があります。

 

口座振替をしたい方はリミックスでんきシンエナジーをオススメします。電気代もお得になっています。

 

注意ポイント

楽天でんきからLooopでんきへ切り替える場合、電気代を払っても楽天ポイントが貯まらないので注意してください。

 

楽天でんきはポイントの特典が充実しているため、切り替える前に貯まるポイント数も含めたシミュレーションをしてみましょう。                

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきや楽天でんきに切り替えるには? →公式サイトから可能。

 

 

Looopでんきや楽天でんきへの切り替える場合、公式サイトの「申込み」から手続きできます。

手続きには現在の契約内容の分かる書類(検針票や請求書など)と支払い方法であるクレジットカードが必要。

申込みから2週間ほどすると、マイページとはがきで供給開始日を知らせてくれます。   

現在使用中の電力会社の解約手続きはLooopでんきや楽天でんきがしてくれるので、自分で手続きする必要はありません。            

スマートメーターが設置されていない場合は設置工事が必要になります。      

 

注意ポイント

スマートメーター工事は原則無料で立ち会い無い。

 

供給開始日になるとLooopでんきからの電力供給が始まります。           

このときも立ち会いの必要はありません。   

 

ハツオ
ループ電気の申込み評判を知りたい方は下の記事をチェックして下さい。

私が実際に申し込みした体験記事なのでよく分かると思います。

 

関連記事
【デメリット!】Looopでんきを申込みした評判から21の事実を専門家が解説!すげー口コミありw

  looopでんきのポイント ループでんきは価格・サービス・電気供給の1位を取り、自然エネルギーで電気を供給し地球環境に優しい電力会社です。 解約しても違約金は無く、気楽に申込みできます。 ...

続きを見る

 

目次にもどる↑

 

Looopでんきや楽天でんきのよくある質問は?

 

 

ここからはループでんきと楽天でんきに関する、よくある疑問について紹介します。

 

ハツオ
知りたいところだけクリックすると、知りたい情報を見ることができますw

 

+ Q.あしたでんきの口コミや評判は?

 

+Q.ループでんき、楽天でんきにキャンペーンは?

A.ループでんきにキャンペーンはありません。楽天でんきは公式サイトでキャンペーンを行っています。

 

 

+ Q.ループでんきの一人暮らしは?

ループでんきを一人暮らしで申込みするなら、電気代が安くなるのか?

疑問だと思います。ループでんきの一人暮らしの記事をチェックすると、電気使用量別に比較しているので、どれだけループでんきで一人暮らしで電気代が安くなるかわかります。

 

目次にもどる↑

 

まとめ   

 

 

まとめ

  • Looopでんきと楽天でんきではLooopでんきが節約しやすい。
  • 楽天ポイントをよく利用する方は楽天でんきがオススメ。
  • Looopでんきには夜間の電気代が安くなるスマートタイムプランがある 
  • Looopでんき、楽天でんきの電気の品質は同じ。

 

以上がLooopでんきと楽天でんきの料金やサービスの比較のまとめでした。  

 

電気代を少しでも安くしたい方にはLooopでんきがおすすめ。      

電気代を払ってポイントを貯めたい方は楽天でんきがおすすめ。   

 

ハツオ
新電力会社に乗り換え電気代を節約し、ゆとりある生活を送りましょうねw 

 

\WEBでかんたん申込み!/

looopでんき公式サイト

※基本料金、解約金、手数料すべて0円。

 

目次にもどる↑

 

 

-looopでんき(ループでんき), 新電力会社一覧, 楽天でんき

© 2021 お電気ニュース☆彡 Powered by AFFINGER5